クッション材の種類から選ぶ

クッション材の種類は?

ローソファーを選ぶ際にクッション材の種類から選ぶという方法もありますが、クッション材には大きく分けて3種類が存在します。1つ目は「コイルスプリング」で、縦巻きのスプリングがクッション材として敷き詰められています。コイルスプリングは耐久性が高くへたりにくいのが特徴です。2つ目は「ウェービングテープ」です。エラスティックベルトなどと表記されることもあります。ウェービングテープはゴムとビニールなどの繊維を編み込んで作ったテープで、背面では一部の高級品をのぞきほとんどがこれです。3つ目が「S字ばね」です。波型になっているスプリングで、しなやかに体重を受け止めるので座り心地がソフトになる傾向にあります。

クッション材は目的で選ぼう

一般的にコイルスプリングを使用しているものは高価な製品が多いですが、必ずしもコイルスプリングを使用した製品を選べば間違いないというものではありません。というのも、コイルスプリング・ウェービングテープ・S字ばねは全て座り心地などが変わってきます。コイルスプリングは耐久性は高いですがしっかりとした座り心地なので堅いと感じる人もいますし、ソフトな座り心地を求めている人にとってはコイルスプリングよりもS字ばねの方が良いでしょう。また、長時間座るような使い方の場合は疲れにくいコイルスプリングが良いですが、短時間であればその他のクッション材でも疲れにくさに大差がないと感じる人も多いです。座面の素材や座る位置などによっても変わるので、実際に座ってみて検討するのが良いでしょう。

温かいこたつには座布団とみかん、そんな風に考える方も多くいることでしょう。しかしこたつでソファーも良いものです。腰痛や関節痛をお持ちの方は、クッション性が高く背もたれのあるソファーを選びましょう。