ローソファーを使う際の注意点

背もたれの高さに注意しよう

ローソファーというのは、文字通り、一般的なソファーと比べて座面が低いソファーのことです。座った時の視線が低い位置にくることから、部屋全体が広く見えるのが魅力です。また、座面が床と近い位置にあるために足を伸ばして座ることができます。したがって、ゆったり寛ぐことができるのもメリットといえるでしょう。ただしリビングルームでローソファーを使う際は、背もたれの高さに注意した方がいいですよ。というのも、背もたれがあまりにも低すぎると、後ろに思いっきりもたれかかることができないからです。つまり、前傾姿勢になって肩や首に大きな負担となってしまいます。快適に座ることができないので、ローソファーを使う際は背もたれが高いものを選ぶようにしましょう。

一緒に使うテーブルを慎重に選ぼう

ローソファーを使う際は、目の前に置くテーブルを吟味して選ぶことも非常に大事です。そもそもローソファーは一般的なソファーよりも座面が低いことから、一緒に使うテーブルを選ぶのは非常に難しいといえます。ローテーブルを合わせればいいのではないかと考える人は多いことでしょう。しかし、ローテーブルは普通のソファーの高さに合わせて作られているので、ローソファーと使うと高すぎることが多いのです。したがって、ローソファーと合わせるテーブルを選ぶ際は、ソファーとテーブルとの距離、ソファーとテーブルの高さの差などを考慮して快適に使えるものを選ばなければいけません。もしもローソファーにマッチするテーブルが見つからない場合は、サイドテーブルにすることも考えると良いでしょう。