ローソファーが向いているお部屋

ローソファーはリビングルームにぴったり

ローソファーはリビングルームに最適な家具です。低いサイズのソファーなら、リビングの空間に圧迫感を与えません。広めのリビングルームなら、普通のデザインのソファーの近くに新しくローソファーを置くことも出来るでしょう。低めのサイズなら幼い子供たちでも安全に腰かけられます。足腰にハンディキャップを抱える年配の方々も安心して座れます。愛犬や愛猫もローソファーなら安心してリラックス出来ますし、家族団らんの場に寛ぎやすいインテリアアイテムがあれば、自然と家庭のムードも明るく朗らかになるでしょう。 来客の方々をおもてなしする際にもローソファーは役立ちます。リビングルームで一緒に映画鑑賞をしたり、雑談を楽しむ際、ローソファーがあればゲストの方々に寛いでもらいやすくなりますし、お互いの目線が合いやすく、会話が弾みやすくなります。

ローソファーは私室に最適

ローソファーは個人の部屋に置きやすいインテリアアイテムです。私室は他の部屋よりも間取り的に狭く、置ける家具のサイズや数に制限があります。通常サイズのソファーだと、設置する事で作業スペースが減ったり、他の家具が設置し難くなります。一方でローソファーはコンパクトなシルエットでデザインされており、わずかなスペースにも難なく設置OKです。設置した場所の上の空間が広く残されるため、普通のソファーに比べて解放感があります。壁の面積も通常サイズの物に比べて減りにくいです。ローソファーなら、その上にカレンダーや絵画、ポスターなどを違和感なく飾れます。すでにパソコンデスクやベッドが置かれた私室でも、ローソファーなら設置しやすく、勉強や仕事で疲れた時、体を預けて気軽に休憩を取れます。

地べたに座ることができる畳は、生活の物理的な高さが低くなりがちです。そのため畳にローソファーは相性が良く、座るスペースをしっかりと確保できます。